男性と女性の浮気・不倫の違い

男性の浮気に多く見られる傾向

浮気にも種類があります。

男性の場合、性的な欲求から始まる浮気が多いですが、そういった人の多くは「やること」が目的なので、浮気に対しての認識に甘さが見受けられます。

浮気がバレた時、離婚というキーワードが出ただけで浮気相手と関係を解消する場合もありますし、そもそも浮気を軽く考えている分、バレてから事の重大さに気づいて慌てる人も。

ただしこういったタイプでも、対応を誤ると家庭での不満をせきを切ったようにぶつけてくる場合があり、これをきっかけに離婚まで発展する場合もあります。

しっかりと見極めが大切です。

 

女性の浮気に多く見られる傾向

女性の場合、性的な欲求から浮気に走るというケースは稀だと感じます。

男性は体だけの浮気が出来ますが、女性は心が無いと体を許しません。

よく使う言葉ですが、男性は愛がなくても不貞(肉体関係)しますが、女性は愛が無いと不貞しません。

よって女性の浮気は愛情がある分、タチが悪いとも言えます。

不貞をしたということは、浮気相手のことを好きになってしまっている可能性が高いことを意味します。

不貞の始まりも、家庭や旦那の不満、仕事の悩みやストレスを相談したことから始まり、そのアドバイスをした男性を好きになったというのは良くある話です。

相談を受けた男性も、女性(パートナー)をあの手この手で口説いているはずですので、不倫=恋愛に発展している可能性が高く、その恋愛が本気に発展すると非常に厄介です。

その場合、夫婦や家庭の不満が出やすく、離婚にまで話が発展する事例も多かったので注意が必要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事