離婚しないことを選択されるお客様へ

離婚しない方が今後どうしていけば良いかは、離婚しない理由にそれぞれ様々な事情や想いがありますので、当社ではその方の意志を尊重したアドバイスをさせていただいております。

代表的な例を挙げますと、

  • 愛情から離婚をしたくない
  • 子供や生活の今後を苦慮し離婚ができない
  • 浮気を許せない憎しみや怒りから離婚を放棄

    この3つはパターンとして良く相談を受けます。

    つらいかもしれませんが、振り返ってみましょう

    パートナーが浮気をしてしまった原因を考えることも大事な作業になります。

    勿論、パートナー自身の性格の問題や認識の甘さなど、本人に原因があることは当たり前なのですが、それは少し横に置いといて、家族として、夫婦として、そして男と女として問題が無かったかを振り返ってみてください。

    わかりやすく病気で例えますと、病名がわかれば治療も的確にできます。ここでいう病名は「浮気をされてしまった根本的な問題」と置き換えます。ただ本人にはその病名がわからないことがあります。というより、人に指摘されて初めて気づくのかも知れません。

    そんな時は医者に相談しましょう。ここでいう医者は、「離婚カウンセラー」や「心理カウンセラー」です。

    浮気せざるをえない理由があったかもしれません

    離婚したくない方にとって、夫婦関係の改善は浮気の防止や再発防止に欠かせないものです。パートナーは夫婦関係に見切りをつけたから浮気に走ったかもしれませんし、あなたがもっとパートナーを理解していれば起きなかった問題かもしれません。

    もちろん浮気は悪いことです。ですが、その浮気をされてしまった原因は、浮気をされる以前から抱えていた問題や不安が火種になっていませんか?

    パートナーに優しくしていましたか?

    パートナーを罵っていませんでしたか?

    感謝は伝えていましたか?

    会話をすれば喧嘩になっていませんでしたか?

    パートナーを男性として、女性として接していましたか?

    思い当たる方はご相談ください。きっと今より前に進めます。

    あなたからのお便りを待ってますね。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事