離婚しなくても浮気の証拠が必要な理由 その①

探偵オフィスレインボーでは浮気をされても離婚をしたくない方、離婚をしない方には特に浮気の証拠の重要性を説明しています。

これは自分の経験がもの凄く影響しています。

離婚はできれば避けたい

私が最初にパートナーの浮気を疑った時、脳裏には離婚の2文字は浮かびましたが、そうしたいとは思いませんでした。

逆に離婚はイヤだと思っていました。

(その時の夫婦仲ですが、決して良くは無かったと思います。相手のイヤな部分も見え始めて、イライラすることも多かった時期だった記憶があります。)

その時に考えたのは、「今この段階で問い詰めた所で言い逃れされるだけだし、もし逃げられたら浮気は止まらない」ということ。

浮気を隠している人間が、問い詰められたぐらいで正直に打ち明けるはずもないですし、それよりも嘘をついて浮気を必死に隠そうとするパートナーの姿を見たくないというのが一番の感情でした。

妻が男の家に行くのを何度もチェックする苦しさ

ですから私は、動かぬ証拠を突き付けて、

素直に謝ってもらい、浮気をやめてもらいたかった

夫婦としてもう一度やり直したいという思いで、パートナーを問い詰める前に、浮気の証拠集めを始めました。

当時の私は若く、無駄にプライドも高かったので(笑)、自分で何とかするんだと強く思ってい人にました。

人に頼るということが頭から抜け落ちていて、探偵の存在に気づいていませんでした。

幸い、自分で何とか言い逃れされないだろう程度の証拠を押さえることができましたが、今振り返れば、証拠集めはかなりの精神的な苦痛が伴いました。

男の家に行っている妻を自分で何度もチェックしに行くなんて、気分が滅入るどころか気が狂いそうになったのを今でも思い出します。

トラウマになるぐらい辛い経験だったので、皆さんにはもう今以上に心の傷は増やして欲しくないなと心から思います。

 

次回は証拠をどのように使い、どのような選択をしていったかをお伝えしますね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事