離婚しなくても浮気の証拠が必要な理由 その②

探偵オフィスレインボーでは浮気をされても離婚をしたくない方、離婚をしない方には特に浮気の証拠の重要性を説明しています。

これは自分の経験がもの凄く影響しているというお話をしました。

冷静になる時間が必要だった

問い詰めれば浮気を止めてくれるだろうか?

その不安は問い詰める直前までモヤモヤしていました。

私の場合、証拠が揃ってから問い詰めるまでに少し時間を置きました。

それは様子を窺っていた訳ではなく、冷静になり自分の気持ちを整理する為でした。

精神的に不安定な状況でしたし、怒りが暴走しないように自分を保つのも大変です。

感情的にならないために

願いは「離婚したくない」「浮気を止めて欲しい」ですので、どう話をするかも何度も何度も頭の中でシュミレーションしました。

勿論、問い詰めないという選択も頭にありました。

私も今こういう仕事に携わって学ぶことも多いですが、「離婚したくないなら問い詰めるな」というのは定説だと思います。

何を一番守りたいのかを考えた時、自分の感情は押し殺さなければならないからです。

感情的になって一方的に問い詰める行為に未来はありません。

もっと言えば、それで上手くいっている夫婦を私は知りません。

感情的になれば相手も感情的になります。

結果、喧嘩別れで終わるのが目に見えていますので、そんな悲しい結末だけは避けましょう。

離婚することに対して客観的になる

時間を掛けて冷静に考えていたおかげとも言えますが、離婚に対する恐怖心が無くなりました。

この離婚に対する恐怖心が無くなったことが問い詰めようと決心した最後の一押しになりました。

私は離婚の覚悟ができたからこそ、パートナーを問い詰めるという選択肢を選ぶことにしました。

そしてその大きな支えとなっていたのは、やはり浮気の証拠を持っているという安心感でした。

おそらく証拠を持っていなかったら、当時の私は感情だけで突っ走っていたかもしれません。

それこそ一番やってはいけない離婚の形になっていたでしょう。

離婚を選ぶかどうかより、悔いのない生き方を

後悔しない離婚ができたからこそ、今の幸せがある

いま、そう思っています。

浮気の証拠は慰謝料請求する為のものだけではなく、浮気をされて冷静な判断が難しい状況下で、人生の最大ともいえる分岐点で大きな支えになってくれます。

結果、私は浮気の証拠を慰謝料請求で使うことはありませんでしたが、浮気の証拠を持っていたおかげで後悔のない離婚ができたと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事