レシートからでも浮気は見つけられます
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レシートからでも浮気の可能性を探ることはできます。

探偵にとってはレシートも浮気を探る大事なお宝です。

今回は「こういう部分に着目してみてください」というアドバイスのお話です。

レシートの扱いを知る

まず始めに、レシートは人によって扱いが違うことを説明しておきましょう。

最近はキャッシュレス化が進み、スマホ決済が一般的になりつつありますが、それでもレシートは当然受け取ります。

主婦の方や会社勤めだけの方にはあまり重要ではないレシートですが、個人事業主(自営業)やサラリーマンで副業をしていて、年20万以上の収入がある人は確定申告をしなければならないルールになっていますので、経費計上するためにレシートが重要になります。

おそらく、確定申告を行っている人のほとんどはレシートを捨てずにとっていると思います。

私も個人事業主ですが、捨てない癖がついてしまうので、必要かそうでないかをその場であまり判断せず、受け取りと同時に財布にしまうか、カバンにとりあえず入れておくという反射的な行動を取りがちです。

後日改めて確認して、不必要なら捨てる、という感じです。

要するに、パートナーが確定申告をする人ならば、レシートは取っている可能性が高いということです。

「今日は浮気してきたかもしれない、、」という怪しい日があれば、その日のうちに財布、ポケット、カバン、来ていた服のポケットなどを調べてみてください。

無かった場合は領収書をまとめて置いている場所が無いかを探してみてください。

几帳面な方ほど無くさないよう、帰宅後すぐに定位置に置くクセがあると思います。

また、日にちが経ちすぎると領収書を選別されて捨てられる可能性もありますので、怪しいと感じたらすぐに探してみてください。

最近の会計ソフトは領収書を読み込んで保管するなど楽な方法もあり、紙での保存をしなくなっている傾向が広がりつつあります。

スキャンされる前にお宝を発見したい所です。

男性と女性で違う、レシートの種類

次に、男性と女性でレシートの種類に違いがあります。

飲食の支払いは男性が済ませることが多くなりますので、居酒屋やレストラン、バーやホテルなど、比較的高額なレシートが多いのが特徴だなと思います。

その反面、女性はコンビニのちょっとした買い物など、比較的少額のレシートをよく見かけます。

これは具体的な例で説明した方が早いですね。

「デートで食事代を男性が出したとします。その後、二人はラブホテルに向かいますが、その前にコンビニに立ち寄ります。その際、食事代をごちそうしてもらった女性はお礼にコンビニ代を払う」という、こんな経験けっこう皆さんあると思います。

この時のレシートに着目する点は、購入品目や数です。

コンビニレシートの見るべきポイント

皆さんは普段コンビニに立ち寄る時、ドリンクは何本買いますか?

朝の出勤前など、その日の飲み物をまとめて買っておこうと2~3本買うことはあるかも知れませんね。

でも夜はどうですか?買いだめしますか?

普通に考えれば夜のコンビニの買い物は、今飲みたいものだけの1本が普通だと思うのです。

2本や2種類以上購入している時は、2人分の買い物をした可能性があるんじゃないかと考えるわけです。

これもコンビニにおける特徴ですが、友人や知人とコンビニに行っても基本は会計をそれぞれ済ますことが多いと思うのです。

コンビニは人の分まで払う(奢る)ということが少ないという特徴もあるので、普段飲まないお酒が混じっていた、吸っていないたばこや電子タバコのカードリッジなどが含まれていたなど、これはパートナーの買い物ではないなと思われる品があった場合や品数が多い場合も要注意となりますね。

過去の例ですが、男性側のレシートに女性用の化粧品や、極薄スキンと書いてあったり。

丸わかりなケースもありますので、浮気を疑った場合のレシートチェックは必要です。

飲食店レシートの見るべきポイント

最近の飲食のレシートには来店人数を記載しているものもあります。

人数が2人となっていればチェックの必要ありですが、3人以上の場合、私はチェック不要と判断しています。

飲食の場合、レシートに特徴が出るのはドリンクの種類です。

特にアルコールは男女で好みが異なるのでその点を見るようにしています。

男性はビール、焼酎、日本酒、サワー系、ハイボールなど。

女性はカクテル系、ワイン、果実が多めのアルコールが好みかなと思っていますので、品目や品数などから同性と飲んでいたのか、異性と飲んでいたのかは、ある程度判断可能だと思います。

食べた品や品数も見てみましょう。

特徴として、男同士や女同士で飲みに行く時は「食べ飲みと会話」が目的になりますので、比較的けっこう食べるんですよ。

でもデートの時って「会話」がメインで比較的品数が減るんです。

女性は男性の前でガッツリ食べない、男性はカッコつけて高い品を頼みがちという点も特徴として覚えておくとレシートの見方が変わってくると思います。

私はスイーツが1つしか注文されていない場合はクロの可能性が高いかなと思っています。

男同士で飲みに行った場合、スイーツはあまり頼みませんし、女性同士なら2つ以上になると思っています。

実は分かりにくいホテルの領収書

ホテルの領収書にも特徴があります。

ラブホテルのレシートって実は分かりにくいものが多いんですよ。

店名が記載されず、株式会社〇〇〇のように運営会社の名前が記載されていることも。

その会社名をWebで検索するとラブホテルの運営会社だったりというケースがありました。

これは過去の例ですが、レシートを探して財布を調べていたらポイントカードが出てきたという事例も。

お客に配慮しているんでしょうね、ポイントカードも「これ何のカード?」と思わせるものが結構多いのも特徴ですが、そんな時はネットで検索しましょう。

なんのポイントカードか調べていたら、実は風俗店だったという報告しずらいこともあったりしました(汗)

何曜日のレシートが多いか?

行っている曜日にも注目してください。

仮に浮気相手がバツイチ子持ちだったり、W不倫だったりした場合、1週間のうち動ける曜日が決まっている場合が多いです。

「毎週水曜日は子供も塾で帰りが遅いから会いやすい」とかであれば、水曜日のレシートが多くなりそうですね。

そうやって絞り込みを意識すると、「今日は残業で遅くなるから」という言い訳に気づきやすくなります。

レシートは1枚だけでは判断が難しいですが、複数枚を総合的に判断すれば浮気している可能性を探りやすいと思います。

特徴をしっかり押さた見方をすれば、レシートに潜む違和感を見つけることが出来ると思いますので、色んなレシートに要点をおさえた見方をすることを心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事