浮気したパートナーと話し合う時の、負けないフレーズ集

パートナーが浮気しているかもと疑う瞬間は突然現れます。

そんな時、まずは焦らないことが大切。

どんなサイトでも「焦って問い詰めるのは絶対にダメ」と言っていますが、その意見に関しては私も同じです。

まず疑いが確信や思い過ごしになるまで、焦らず冷静に確かめる作業に取り掛かりましょう。

そしてもし確信に変わった場合、迷わず証拠を集めること。

それが自分や子供を守る最善の選択です。

浮気をの証拠を突きつけた時、見える本性

これまで浮気現場の写真を見せつけてもシラを切る人、何とか嘘で切り抜けようとする人をこれでもかというほど見てきました。

男性でも女性でも「証拠をつかまれているのに認めようとしない」こんな大人げないことを平気でやります。

私はこういう時に人としての本性が垣間見えると思っていますが、素直な人はここで諦めて浮気を認めます。

プライドの高い人ほど「逆ギレ」を起こします。

話の論点をすり替え、「こんなことをする人だとは思わなかった」とか、「勝手にプライベートを覗くのは夫婦でも許せない」だとか、人格否定してくる輩をたくさん見てきました。

私も過去に妻を問いつめた時は、

「浮気したのはあなたのせい」

「浮気させるまでに追い込んだことに気付いていないのか」

など、思いっきり逆ギレされました。

当時はまさか逆ギレされるとは思っていなかったので、正直面食らいました。

そして異常にイライラ度が増し、もう冷静に話なんかムリって状態でした。

怒りに任せて罵倒してしまい、相手もイライラ。

売り言葉に買い言葉で、もうただの喧嘩になっていました。

話し合いに勝敗はなくても、言いたいことはある

今思えば、逆ギレも想定していればもっとうまく切り返せたと反省していますので、この記事を読んでいる皆さんは私の反省を生かして、ケースを想定して話し合いに臨んでいただけたらと思います。

話し合いは勝ち負けではありません。

それでも、言い負けると悔しいですし腹が立ちます。

辛いのは、浮気した方ではなく、浮気されたことによって傷ついたあなたの方なのです。

探偵の私がこんなことを言うのは本来ダメなのですが、せめて言い負けないように、私が言えば良かったと思っているフレーズを下記にまとめてみました。

考え方の参考にしていただけると幸いです。

ただし、人によっては罵る言葉に聞こえ、激高する人もいます。

相手の性格なども考慮しながら、自分風にアレンジして使ってください。

ご使用はくれぐれも自己責任でお願いします

私が言い返せたら良かったなと思ったフレーズ

「浮気を疑うなんてしたくなかった。でも事実あなたは浮気をしている。もし浮気を疑わずに信じていたら、私はずっと騙され続け、もっと惨めな思いをしていた」

「こんなことをしたくなかったが、あなたが隠している以上、調べるしか方法が無かった。あなたが逆の立場でもそうするでしょ?勝手に見られたのを、探られたことを怒るのはお門違い」

「あなたが浮気を隠していなかったら、こんなことは起こらなかった」

「浮気を隠している時点で落ち度を認めている。やってはいけないと分かっているから隠したのだろうから、これ以上もう嘘をつかないで欲しい」

「誰でも自分を守りたいから浮気を認めたくない気持ちも分からないことは無い。でも浮気はもう分かっているし、嘘をつき続けるのは自分の価値を下げていることに気づいて欲しい」

「これ以上、嘘をついて私を苦しめないで欲しい」

「浮気したことを家庭(夫婦仲)のせいにしないで欲しい。単純に欲に負けただけ」

「隠されれば探るのは普通のこと。浮気を隠していたからハッキリさせただけで、家族や自分を守る為、見たくもないあなたの浮気を見ざるを得なかった」

「文句があるなら浮気をする前に言うべき。浮気した後では何を言っても信用されない」

「色々理由を言われても浮気を正当化する為にしか聞こえない。浮気をする前に解決しなかったあなたが悪い」

「相談しようとしたけど聞いてくれなかったというが、悩んでいるなら怒ってでも話を聞いて欲しいと本気度を見せたのか?夫婦だからこそ軽い気持ちの相談は受け流すし、大事な話ほど真剣な態度を出してくれれば察知できた」

「どんな理由も結局、浮気をした自分を守りたいだけ。あなたの言い分に私は惑わされない」

「夫婦仲の問題で私に落ち度があったとしても、それは浮気が認められるほどの落ち度では決して無い」

 

※再度申し上げますが、上記はあくまで参考です。ご使用になる際は自己責任でお願いします。当社は上記の発言に際して一切の責任を持ちませんので、あらかじめご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事