浮気を放置すること

浮気を知っても放置している人は凄く多いです。

放置と言っても色々ありますが、様子を見ているとか、どうしていいか分からなかったとか、事を荒立てるのが怖かったとか、理由は様々です。

浮気を問い詰められない苦しみと恐怖

私は依頼者や相談者の方を責めることはしませんので、たとえ放置していた時期があったとしても受け流しますが、本当は「今後身に降りかかる可能性のある危機を考えたら、いてもたってもいられなくなるはずなのになぜ放置できるの?」と思っています。

私は妻の浮気を知ってから放置をしていますが、それは証拠を集める為に「泳がせた」という意味での放置です。

少なくとも、様子を見るなど悠長な考えは一切持てなかったです。

私は浮気され離婚を経験したことがきっかけで探偵になりましたので、浮気をされている人の苦しみや憤りは体が覚えています。

浮気を放置することは、毎日生きている心地がしないくらいため息ばかりの日々でした。

それと同時に「恐怖」を感じていました。

いつ離婚を切り出されるかと怯えに近い感覚でした。

おそらく静観しているだけの人の多くは、この恐怖を感じている方が多いと思います。

恐怖には色々あります。

愛する人を失う恐怖

いつか離婚(別れ)を切り出されるんじゃないか

家族が壊れてしまう恐怖

離婚したら子供と会えなくなるかも知れない

生活やお金の不安

子供達への影響

周りの目

などなど、挙げるとキリがありません。

放置したことで起こる危機

放置してると「この恐怖」がいづれまとめて一気に襲ってきます。

放置していた方や見て見ぬふりをしていた人はその時決まってパニックに陥ります。

そして対応を誤ったり、対応が遅れることで大切なものを失います。

準備や対策をしていないのですから当然と言えば当然ですけど、放置した代償は想像以上に大きいものになるということを伝えたいです。

実際にあった本当に面倒なケースだけ挙げてみましょう。

・浮気相手がバツイチ子持ちの異性で、家族のような付き合いで「情」が生まれてしまい、離婚を迫られてしまった。
・浮気相手との間に子供が出来てしまった。
・浮気相手から執拗な嫌がらせを受けた
・浮気相手がパートナーをそそのかし、入れ知恵をして離婚を仕向けている。
・浮気相手を周りが見えなくなるぐらい溺愛してしまっている。
・浮気を繰り返すうちに、ウソでしょ?!という金額の借金を作っていた。

ふたを開けてみたら、浮気相手が相当ヤバい人物だったというのは、実は結構あります。

よくよく考えれば、浮気をするその時点でもうマトモな神経ではないので、必然とヤバい人物かも知れない比率は高くなります。

これに当たったら本当に厄介です。情が生まれる前に関係を潰したい所です。

向き合うことでしか解決できないこと

これって実は、放置しなければ事前に潰せるものばかりなんです。

悲しいかな、もっと早く相談してくれていれば、、と思う依頼者の方、これまでたくさんいました。

上の理由だけでも十分、放置をすることがいかに危険かわかると思うのですが、もっと本当に大事なことがあります。

浮気は普通の恋愛と違い、浮気をするという行為に罪悪感が必ずあります。

あなたや家族への愛が深ければ深いほど罪悪感も比例して大きくなるはずなんです。

言い換えれば、浮気をするというのは「覚悟」が必要な訳です。

稀に例外はいますが、ここでは議論しません。

「覚悟」というのは時間が経てば「決意」に変わります。

そして「決意」になった時点でその考えを覆すことは難しくなります。

浮気の原因がもしあなたや家族を愛せなくなってしまったことに繋がるのなら、浮気をしていることであなたや家族に対する愛情を失ってしまったら、今の浮気相手と別れても、あなたや家族の元には帰ってこないと思います。

だから放置せず、浮気に至った原因も考えてみましょう。

「どうしていいか分からない」という方、

・あなたにとって今一番守りたいものは何ですか?
・それを守るためにはどうなることが一番良いことですか?
・それは自分で出来そうですか?

まずここから考えてみましょう。

何事にも順番です。

やらなければいけないことに優先順位をつけましょう。

大丈夫、あなたなら出来る!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事