探偵の使命

浮気された過去

妻が浮気をしていると知ったのは、ある冬の寒い日でした。

友人たちと「どこからが浮気で、どこまでが浮気じゃないか」という議論をして盛り上がったことがありましたが、そんな境目なんてありはしません。

裏切った

その事実こそが浮気であり、議論の余地はないんだということを、その時、強烈な胸の痛みと共に思い知りました。

浮気された者にしか、分からない感情

妻とは当然、一緒に人生を歩むつもりで結婚しました。

当時は若かったので、恋愛感情が先走っていたのはありますが、幸せにする責任と自信は持っていたつもりです。

ですが、その日を境に目標を失いました。

怒り、憎しみ、嫉妬、悲しさ、自責・・・

それぞれの間を全速力で行ったり来たりして、次第に疲れ果て、私の感情は「無」になりました。

特異な反応

そして私は行動を開始しました。

自分の身体を、借り物のロボットを操縦するように動かして、盗聴、尾行、GPSなどあらゆる手を尽して証拠を集めました。

誰にも、相談はしていません。

調べていることをバレたり怪しまれたりすることが無いようにだけ、気を付けました。

不思議だったのは、その証拠集めをいつの間にか、楽しんでいたこと・・・。

結果、妻に浮気を認めさせ、話し合いの結果、離婚することになりました。

探偵という仕事

いま、私が探偵という仕事をしているのは、浮気されたその時の経験がキッカケです。

その後、大手探偵事務所に勤め、下積みから始めましたが、今から考えると、自分を裏切った妻への復讐心が残っていたのかもしれません。

まだ一部の探偵事務所は、「人を騙してなんぼ」というような、いわゆる詐欺が優先の会社が存在します。

私は自分が浮気をされツラい経験をしているので、そういう人を騙して利益を上げることに耐え難いストレスを感じるようになります。

芽生えた正義感

見渡してみると、多くの探偵事務所は詐欺まがいのことをして利益を上げていました

「許せない」と思いました。

私は探偵という仕事に自らの<救い>を見るのと同時に、人の不幸を食い物にする仕事を嫌悪します。

自分と同じような思いをして苦しんでいる人に対して、不安を煽り、お金を稼ぐのはどう考えても間違っている。

探偵として独立を決意したのは、自分の正義に嘘はつけないからでした。

報われた言葉

この仕事は、人生を左右する極めて個人的なトラブルに首をつっこんでいく仕事です。

包丁沙汰になることも珍しくありません。

仕事を完遂すれば、浮気相手や浮気しているパートナーに恨まれることは再々です。

ですが、クライアント様の顔が見る見る明るくなり、前向きに次の一歩を踏み出す姿を見ていると、この仕事に出会えてよかったなと思います。

あるクライアント様が言ってくれました。

これで人生がやり直せます。次は必ず幸せになりたい

この言葉を目標に、我々探偵は仕事をしなければならないと思っています。

離婚しない為の浮気調査

私は自身で浮気調査をして、パートナーとの別れを選びましたが、話を聞いていくと6割くらいのクライアント様の本心は「別れたくない」という気持ちを持っていらっしゃいました。

一時の気の迷いや間違いなど人は誰しもあるでしょう。

もし相手が悔い改め、深く傷つけたことを詫びてくれて、これからは二度としないと誓うならやり直したい。

一度は愛して、将来を誓い合った仲です。

私自身もそう思っていましたので、よく分かります。

「別れない」という選択肢

浮気調査というと「浮気の証拠集め」ですので、離婚という選択肢は当然ありえます。

しかし、離婚しない、もしくはさせない、という選択肢も残されています。

実際、これまで探偵として活動してきて、離婚まで至らなかった夫婦は3割に上ります。

中には、より絆を深めることができた人も。

相手のあることですから、絶対とは言えませんが、別れないという選択肢が残されていることも覚えておいてください

損得よりも感情が大事

離婚したくない人は損得勘定より、感情的な部分を大事にされているようです。

とはいえ、実際に浮気調査の事実を突きつけられると、さすがに冷静ではいられません。

私は探偵として事実調査を行いますが、その結果がどうであれ、最初の感情を大切になさるように助言させていただいています。

お子様がいる場合は本人同士だけの問題ではありません。

浮気調査はあくまで結果。

それを離婚するために使うことも、離婚しない、もしくは離婚させないために使うこともできます

探偵の使命

幻滅しないでいただきたいのですが、残念ながら、多くの探偵事務所はブラックマーケティングで集客して、詐欺まがいの商売を未だに続けておられます。

かつての私のような、人生のどん底にいる人たちを食い物にする仕事を嫌悪して独立したものの、業界イメージは決してよくありません。

そうした中で私は、ひたすら正直に、嘘をつかず、探偵という仕事に誇りをもって、勤めていきたいと思っています。

繰り返すようですが、浮気調査は2人が別れる為ではなく、新しい一歩を踏み出す為にするものです。

理想は、Win-Winの関係を作ること

いま不安でどうしようもないあなたに、私の活動が少しでも救いになれば幸いです。

 

探偵オフィスレインボーでは、24時間無料でご相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。